【千葉県市原市のデート商法事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県市原市のデート商法事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県市原市在住のAさんは、アプリで知り合った女性に対し高額な宝飾品を販売したとして、千葉県市原警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、宝石店を経営し売り上げが伸び悩んでいることから、従業員達と共にSNSのアプリを利用しデートを装って、高額なネックレス等を販売していました。
その後、被害者数人が警察に相談し、先に従業員が逮捕され、警察が捜査を進めたところAさんが主導していたことが発覚し逮捕されることになりました。
(ニュース記事を基にしたフィクションです)

【デート商法】
デート商法とは、加害者が異性に対し恋愛感情を抱かせた上で、高額の宝飾品等を販売する行為です。
デート商法やその他電話勧誘販売や訪問販売は、特定商取引法で規制されている商取引です。
特定商取引法とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為を防止し、消費者の利益を保護する法律で、先ほど例示したトラブルの起きやすい取引に適用されます。
上記Aさんの場合、販売目的で会っていることを示さず販売していることが、目的隠匿型勧誘とされ、特定商取引法に違反する行為となります。

【特定商取引法で逮捕】
特定商取引法違反で逮捕され、正式に起訴され有罪判決を受けると「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられます。(特定商取引法第70条)
初犯の場合、被害者に対し被害弁償を行い示談することで刑事罰が軽減され、不起訴処分を獲得できる可能性もあります。
ただし、組織的な犯行で悪質と認められる場合や、被害者の数が多く全員と示談できない場合等は、実際に起訴され執行猶予や実刑が科せられることもあります。
実際に特定商取引法違反で逮捕された場合は、速やかに弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士に相談することで、今後の処分の見通しや被害者との示談交渉も任せることができ、最終的な刑事罰の軽減が可能になります。
事件毎に対応が異なるため、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県市原市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が特定商取引法で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県市原警察署までの初回接見費用:37,300円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー