【千葉県市川市の児童ポルノ事件で逮捕】 示談対応は弁護士に相談

【千葉県市川市の児童ポルノ事件で逮捕】 示談対応は弁護士に相談

~事件~
千葉県市川市在住のAさんは、児童ポルノ製造罪で千葉県市川警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、SNSで当時16歳のVさん(女性)と知り合い、Vさんの裸の写真を撮らせ,そのデータをスマートフォンに送信させました。
その後、Vさんが別件で警察に補導された際に、Aさんとのやりとりが警察に発覚し逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

児童ポルノとは

児童ポルノとは、18歳未満の児童のわいせつな写真やデータのことで、製造や所持等が法律で規制されています。
近年は、インターネットや電子機器(スマートフォン等)の普及により、18歳未満の児童と交流を持つことができ、写真や動画等で記録することが容易になりました。
児童ポルノが発覚するケースとしては、被害者の児童が別件で補導された際にやりとりが発覚したり、被害者の児童の親が警察に通報することが多いです。
また、近年は捜査機関がインターネット上で児童ポルノに関連する違法行為を監視しており取り締まりを強化しています。

児童ポルノで逮捕されると

児童ポルノは、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」で規制されています。
具体的には、児童ポルノを所持・製造・提供等が取り締まりの対象となっており、上記Aさんのケースでは、児童の裸の写真を撮らせたことが児童ポルノの製造に該当します。
Aさんの場合、正式に起訴され有罪判決を受けると「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられることになります。

児童ポルノの刑事弁護活動

児童ポルノ逮捕された場合、初犯で反省していれば罰金刑で済む可能性もありますが、被害者の数や悪質であった場合は懲役刑の実刑が言い渡されることも十分考えられます。
児童ポルノの刑事弁護としては、特定の児童の画像を用いたのであれば,被害者と示談することが効果的と言われています。
被害者と示談が成立することで、刑事罰が軽減されることがありますので、一度示談対応を弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県市川市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が児童ポルノ逮捕された場合は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県市川警察署までの初回接見費用:38,100円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー