【千葉県佐倉市の殺人未遂事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県佐倉市の殺人未遂事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県佐倉市在住のAさんは、交際相手のVさんを殺害しようとしたとして、千葉県佐倉警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、長年交際していたVさんから別れ話を切り出され、逆上しVさんの食事に薬を盛り殺害しようとしました。
その後、Vさんは一命を取り留めましたことで、Aさんは殺人未遂として警察に逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【殺人未遂とは】
まず、殺人の定義ですが、言葉の通り人を殺めることです。
殺人が成立する条件としては、殺意があったかどうかが重要になります。生命にかかわるほどの怪我を負わせても,殺意がなければ傷害に留まります。また、自動車の運転中に誤って人を死なせた場合には殺人ではなく自動車運転過失致死となり他の法律の処罰対象となります。
殺意があったかどうかに関しては、殺人に至った経緯や犯行の態様等を考慮して判断されます。
殺意をもって犯行に及び、結果として相手が死亡しなかった場合に殺人未遂が成立することになります。

【殺人の量刑】
殺人で逮捕後に正式に起訴され有罪判決を受けると、「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」が科せられ(刑法第199条)、未遂の場合も同様に処罰の対象となります。(刑法第203条)
殺人未遂の場合には、実際に人が亡くなっていないこともあり、減刑されることが多いと言われています。
一方で、人に暴行を加え怪我を負わせたことでも,その態様が極めて危険であれば,殺意があったとして傷害罪ではなく殺人未遂とされ、法定刑が重くなるケースがあります。

【殺人未遂の弁護活動】
殺人未遂の弁護活動としては
①加害者に有利な事情を主張する情状弁護を行い減刑を訴える
②殺意がなかったことを証明する
③可能であれば被害者と示談する
以上の3点が弁護活動として挙げられます。
事件毎に対応が異なるため、詳しくは刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県佐倉市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が殺人未遂逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県佐倉警察署までの初回接見費用:36,600円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー