逮捕されるか不安なとき

逮捕は多くの人にとって初めて経験する事態です。

身体が拘束され,外界との連絡手段が絶たれた状態で,場合によっては相当程度の時間を費やす取調べを受けることになります。

もしかすると逮捕されてしまうかもしれない。

不安に苛まれるところですが,逮捕やその後の拘束を避けるためにできることはあります。

 

逮捕される以前にできること

一口に逮捕されるおそれがあると言っても,その状況は様々です。

まず,現に警察から呼び出しを受けて取調べを受けている場合を挙げることができます(まず逮捕はされていないため,在宅事件と呼ばれます。)。

この場合,逮捕がされていない理由は主に

  1. 犯罪に関与したという証拠がまだ十分に集まっていない,
  2. 証拠は集まったが,証拠隠滅や逃亡のおそれがないため,身柄を拘束しなくても捜査が進められる,

という2つに区分できます。

①の場合,捜査によって証拠が集まると逮捕されるおそれがあります。

注意したいのは,取調べによって自分の意図と異なる調書が作成されてしまった場合です。

調書は裁判においても重要な証拠となるため,適切な取調べ対応ができるよう,弁護士からアドバイスを受けることが肝心です。

②の場合,身柄拘束の必要がないことを弁護士が意見書で提出することによって,日常生活への支障を最小限に留めることができます。

次に,被害者から告訴すると言われているものの,警察は関知していない場合が挙げられます。

この場合,被害者との示談を進めて告訴を取りやめてもらうことが重要になります。

強制わいせつなど,一部の犯罪は告訴があることが裁判の前提条件になっているため,告訴がなければ裁判になるリスクを避けることができます(示談によって一度された告訴が取り下げられた場合も同様に裁判のリスクを回避できます。)。

最後に,警察も被害者も事件を認識していない,すなわちあなただけが事件への関与を知っている場合があります。

この場合,捜査機関に対しては自首を,被害者に対しては示談をすることが考えられます。

先ほど説明したとおり,被害者との示談が成立すれば,裁判を回避できる可能性があります。

また,そもそも当事者限りで話がついたとして,警察が関与しないうちに解決させることもできます。

このように,逮捕されるおそれがある状況は様々です。

その段階でできること,すべきことも自ずから変わってきます。状況に応じて適切な措置をとる一番の方法は,弁護士へ依頼することです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部では,刑事事件に熟練した弁護士による適切なサポートで,逮捕に対するあなたの不安を解消します。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー