【千葉県野田市の児童ポルノ事件で逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

【千葉県野田市の児童ポルノ事件で逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県野田市在住のAさんは、海外から児童ポルノを日本国内に輸出したとして、千葉県野田警察署逮捕されました。
Aさんは、生活費を稼ぐため海外から日本国内に児童ポルノを輸出し、約30人に販売していました。
その後、警察が児童ポルノを購入した人を逮捕し、海外から帰国したAさんも逮捕されることになりました。
(ニュース記事を基にしたフィクションです)

【児童ポルノとは】
児童ポルノとは、18歳未満の児童を扱った写真や映像などの電磁的記録で性的に興奮を促すような児童の姿態を描写したものとされています。
具体的には
①児童の性交渉や性交渉に類似する行為
②児童が性器を触る又は他人の性器を触る姿であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
③児童の裸や衣服の一部を着けた等の姿態で,殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているもので,かつ性欲を興奮させ又は刺激するもの
以上が記録されている写真や動画等が児童ポルノに該当します。

【児童ポルノを国内へ輸出すると】
児童ポルノを海外から国内へ輸出する行為は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」(以下「児童ポルノ法」)に違反する行為になります。
正式に起訴され有罪判決を受けると。「5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又は懲役刑と罰金刑の併科」が科せられることになります。(児童ポルノ法第7条第8項・6項)
犯罪が成立するかどうかのポイントとしては
①不特定若しくは多数の者に提供
②公然と陳列する目的
上記のいずれかの目的が必要になり、Aさんの場合には現に輸出したものを約30人というかなりの数の人に販売してきたので,不特定多数の者に児童ポルノを提供する目的で輸出していることといえ,児童ポルノ法に違反する行為となります。
児童ポルノ逮捕された場合は、弁護士に事件の詳細を伝え、関係各所の対応や場合によっては描写された被害者と示談交渉を依頼することで刑事罰が軽減される可能性があります。
ですので、児童ポルノ逮捕や起訴された方は弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県野田市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が児童ポルノ逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県野田警察署までの初回接見費用:弊所までお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー