【千葉県松戸市の強要未遂事件で会社員を逮捕】 弁護士が接見対応

【千葉県松戸市の強要未遂事件で会社員を逮捕】 弁護士が接見対応

~事件~
千葉県松戸市在住のAさんは、女性Vさんに対してみだらな行為を強要したとして、千葉県松戸警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、親しい関係となったVさんに対し、SNSを通じでみだらな行為を強要し、不安を感じたVさんが警察に相談したことで事件が発覚しました。
千葉県松戸警察署からAさんを逮捕したと連絡を受けたAさんの両親は、弁護士接見に向かってもらいました。
(実話を基にしたフィクションです)

【強要とは】
強要とは、暴行や脅迫を用いて、相手に義務のないことを行わせる犯罪行為です。
事件化した例としては、洋服店の従業員にクレームをつけた上で土下座させ、その画像をSNS上に投稿した人が逮捕された例があります。
実際に強要が成立する条件としては
①生命や身体等に対し害を加えると告知すること
②脅迫や暴行を用いること
③義務のないことをさせること、権利義務を妨害すること
上記の行為を行った場合に強要が成立することになります。
また、未遂も処罰の対象となるので、結果として相手が義務のないことをしなかった場合でも事件化する可能性があります。
実際に逮捕後起訴され有罪判決を受けると、「3年以下の懲役」が科せられることになります。(刑法第233条)
罰金刑が規定されていないので、有罪の実刑判決を受けると実際に刑務所に収容される可能性がありますが、実際には被害者と示談が成立していれば不起訴処分で済んだり、起訴されても執行猶予判決が下される場合が多いです。

【逮捕された人と会うには】
警察に逮捕されると、その後の勾留がなされるまで,原則家族や友人は逮捕された人と面会することはできず、逮捕された理由や当時の状況を捜査機関から教えてらうことはできません。
その場合、弁護士逮捕されている人(被疑者)と面会することができるので、家族等としては弁護士接見を依頼し当時の状況を聞いてもらい、事態を把握することが得策と言えます。

千葉県松戸市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が強要未遂逮捕され接見を希望の方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください
初回相談料:無料
千葉県松戸警察署までの初回接見費用:39,400円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー