【千葉県浦安市の高校生を児童買春し逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

【千葉県浦安市の高校生を児童買春し逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県浦安市在住のAさんは、高校生Vさん(16歳)に金銭を支払った上で性交渉に及んだとして、千葉県浦安警察署逮捕されました。
Aさんは、メッセージアプリで知り合ったVさんに対し、3万円を支払いホテルで性交渉を行いました。
性交渉の後、AさんはVさんから16歳という年齢を知らされ動揺し、その場を立ち去りVさんとのメッセージの履歴や連絡先等をすべて削除しました。
しかしその半年後、Aさん宅に警察官が訪れ逮捕されることになり、Aさんは接見に来た弁護士に今後の対応を相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

児童買春が発覚する経緯

児童買春とは、18歳未満の者(児童)に,児童本人やその保護者などに金銭を支払うなどして,性交渉をしたり、自分の性器を触らせる等を行うことです。
近年、被害に遭う児童が後を絶たず、テレビや新聞で頻繁に報道されており社会的な問題となっています。
児童買春が発覚する経緯としては
①児童の親から警察に対し被害届の提出
②児童が児童買春などで補導され、過去の加害者が浮上する
等が挙げられます。
近年の特徴としては、捜査機関が補導された児童と加害者との通信履歴から、加害者を特定し逮捕するケースが多いと言われています。
仮に、メッセージのやり取りを削除しても、サーバー上に履歴が残っていることがあり、捜査機関が通信会社やメッセージアプリの運営会社に情報の開示を請求することがあります。
このような経緯を辿るため、児童買春の加害者を特定するには時間がかかり、その結果半年や1年後に突然警察が来て逮捕されることがあります。

児童買春で逮捕された時の対応

児童買春逮捕され、正式に起訴され有罪判決を受けると、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられることになります。
初犯で被害者と示談が成立している場合は罰金刑で済むこともありますが、前科・前歴がある場合は実際に懲役刑が科せられる可能性もあります。
一方,相手が児童だと思わなかった(故意がなかった)として争うのであれば,メッセージや自己紹介画像などで18歳以上と思わせるような事情があったことを主張していくことになります。
逮捕された後に、被害者との示談や反省していることを捜査機関に示したい場合には、速やかに弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県浦安市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が児童買春逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
千葉県浦安警察署までの初回接見費用:38,100円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー