【千葉県市川市の準強制性交等罪で逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

【千葉県市川市の準強制性交等罪で逮捕】 性犯罪に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県市川市在住のAさんは、Vさんを薬で眠らせ、その後性交渉や暴行を加えたとして、千葉県市川警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、婚活サイトで知り合ったVさんと食事に出かけ、Vさんが飲食店で席を外した時にデートレイプドラッグと呼ばれる薬を飲み物の中に入れました。
飲食店を出たAさんは、意識の無いVさんを自宅に連れ込み、性交渉や暴行を加えました。
その後、Vさんから千葉県市川警察署に被害届が提出され、今回の事件が発覚しました。
(実話を基にしたフィクションです)

【デートレイプドラッグとは】
デートレイプドラッグとは、眠気を引き起こしたりや意識を朦朧とさせる薬品で、男性が女性に対し、性交渉を強制するために使用されることから名付けられました薬品の総称です。
通常病院で処方される睡眠薬や、海外から輸入された薬品が使用されることが多く、中には市販の薬が利用されているケースもあります。
最近では、婚活サイトで知り合った女性と食事に出かけ、薬を飲ませた後に性交渉や暴行を加えた男性が逮捕されたという報道もなされました。

【準強制性交等罪で逮捕後の流れ】
上記Aさんの場合、Vさんの意識がないことに乗じて、性交等をしたことが準強制性交等罪に該当します。
逮捕後に起訴され有罪判決を受けると、「5年以上の有期懲役(最長20年)」が科せられることになります。
「準」という条文名から、強制性交等罪より刑事罰が軽いと思われがちですが、性交渉等を強要した方法の違いで適用される条文が変わるだけで、同じ刑事処分が下されることになります。

【準強制性交等罪の弁護活動】
準強制性交等罪の弁護活動としては、被害者との示談が効果的と言われています。
被害者と示談し和解することで刑事罰が軽減される可能性がありますが、被害感情が非常に激しいことが多く,事件ごとに示談するタイミングや示談金の額が変わってきますので、詳しくは弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県市川市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が準強制性交等罪で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
最寄駅  :JR千葉駅 徒歩2分
初回相談料:無料
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881
千葉県市川警察署までの初回接見費用:38,100円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー