【千葉県館山市の高校生の強制わいせつ事件】 退学回避は弁護士に相談

【千葉県館山市の高校生の強制わいせつ事件】 退学回避は弁護士に相談

~事件~
千葉県館山市在住の高校生A君は、女性Vさんに対してわいせつな行為をしたとして、千葉県館山警察署の警察官に逮捕されました。
A君は、放課後に通っている進学塾の帰りに、20代女性のVさんの背後から忍び寄り、後方から抱きつき体を触りました。
Vさんが悲鳴を上げたことで、付近にいた人がA君を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡されました。
警察から連絡を受けたA君の両親は弁護士に接見に向かってもらい、接見の報告を受けた際に退学処分になるかどうかについて弁護士に相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

退学を回避するには

高校生の場合、刑事事件の処罰の他に、所属する学校から処分が下ることが多いです。
具体的には、謹慎や停学、最も重い処分として退学となることになり、事件の内容で判断されることになります。
処分の重さについては、学校の校則で判断されることになり、私立高校で厳しい校則がある高校の場合には、非行事実が発覚した時点で退学となることもあります。
退学回避するための行動としては
①事件が警察や学校に知られないように刑事事件化を防ぐ
②事件化した場合には、警察が学校に事件について連絡しないよう求める
③事件が家庭裁判所に送られた場合、現在所属の学校に照会をかけないよう求める
以上の例が挙げられます。
早急に対応しなければならないタイミングとしては、事件が発生し警察が介入するかどうかのタイミングです。
この時点で早急に弁護士に相談し、被害者がいる事件の場合には示談交渉を行い事件化を防ぎ、警察が介入した段階では、弁護士から学校に連絡することで起こりうる不利益について申し立てることが得策と言えます。
退学回避するだけではなく、弁護士が関係各所への対応をすることで不利益を回避することも可能になりますので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県館山市の少年事件でお困りの方、子供が強制わいせつ事件を起こした方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県館山警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー