【千葉県習志野市の白タクで運転手を逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県習志野市の白タクで運転手を逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県習志野市在住のAさんは、無許可でタクシー営業を行ったとして、千葉県習志野警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、成田国際空港を利用する旅行客を相手に無許可のタクシー営業、通称「白タク」行為を行っていました。
ある日、利用料金を巡り利用客とトラブルになり、利用客が警察に相談したところ、Aさんが白タク行為を行っていることが判明し、逮捕されることになりました。
数日後に釈放されたAさんは、今後の処分について弁護士に対応を依頼しました。
(実話を基にしたフィクションです)

【白タクで逮捕】
白タクとは、国土交通大臣の許可なくタクシー事業を行っている事業者を指し、通常のタクシーの車両に使われる緑色のナンバーではなく、自家用車と同じ白色のナンバーが使われていることから通称として「白タク」と呼ばれています。
外国人観光客が訪れる地域や国際線が乗り入れる空港の周辺では、スマートフォンのアプリで外国人観光客の集客を行い利益を得ている事業者が多いと言われています。
また、一般道でも配車アプリを利用している人が増加しており、警察もすべて取り締まることができていないのが現状です。
一部報道では、規制緩和を行い白タクを認めるといった報道がされたことがありますが、現時点では法律に反する行為になります。

【白タクの刑事罰】
白タクは、道路運送法違反となり、起訴され有罪判決を受けると3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又は両方が科せられることになります。
白タクの場合、被害者がいない刑事事件のため、有効な弁護活動の一つである被害者との示談活交渉ができません。
ですので、捜査機関に対して反省していることや、使用した車両を廃車にするなどして今後白タク行為を行わないことを固く約束する等を弁護士を通じて示していくことが重要になります。
事件毎に対応は異なるので、詳しくは刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県習志野市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が白タク逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県習志野警察署までの初回接見費用:36,700円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー