【千葉県東金市の万引きで主婦を逮捕】 刑事事件に強い弁護士に相談

【千葉県東金市の万引きで主婦を逮捕】 刑事事件に強い弁護士に相談

~事件~
千葉県東金市在住の主婦Aさんは、ドラッグストアで商品を万引きしたとして、千葉県東金警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、過去に万引きで警察に通報されたことや逮捕されたことがあり、捜査機関から「次同じことをしたら実刑になる可能性がある」と告げられていました。
しかし、Aさんは万引きを止めることができず今回の万引き行為に及び逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【主婦の万引き】
以前から、主婦や高齢者の万引きが社会的な問題となっており、有名なスポーツ選手が万引きを繰り返していると報道されたこともあります。
万引きを繰り返してしまう人には、商品が欲しくて盗むのではなく、窃盗の時に感じる緊張感や窃盗後の解放感を感じるために犯行に及ぶことが見受けられます。これは「クレプトマニア(窃盗症)」と呼ばれます。
クレプトマニアは精神的な病気とされていて、自分の意思では制御できないものと言われています。
クレプトマニアとなってしまう例としては、家庭内の不仲等でストレスを感じ、ストレス発散のために万引きを行い、それを繰り返すことでクレプトマニアとなるケースが挙げられます。
刑事罰を受けて反省することも重要ですが、専門の医療機関でカウンセリングを受け、心の問題を解決することも重要なことです。

【万引きの量刑】
万引き逮捕され、起訴後に有罪判決を受けると「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられることになります。(刑法第235条)
刑事罰の重さは、犯行に及んだ回数や悪質さを考慮して判断され、執行猶予や実刑が科せられることになります。
クレプトマニアの弁護活動としては、クレプトマニアが事件の原因であり,刑事罰ではなくカウンセリングが重要であると主張し刑事罰を軽減することが効果的と言われています。
実際にカウンセリングを受診していることや、家族が治療に向けて協力体制を整えていることを弁護士が主張することで、実刑が下されることを回避できる可能性があります。
事件毎に対応が異なりますので、詳しくは刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県東金市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人の方が万引き逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー