【千葉県東金市でブランド品の偽物販売で逮捕】 商標権に強い弁護士が対応

【千葉県東金市でブランド品の偽物販売で逮捕】 商標権に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県東金市在住のAさんは、有名ブランドのバッグ等の偽物を販売していたとして、千葉県東金警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、フリーマーケットアプリで、有名ブランドのロゴをバッグにプリントした偽物を本物として販売していました。
偽物を発見した商標権を持つ企業から警察に通報があり、警察が調査した結果商標権を侵害しているとしてAさんは逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【商標権とは】
商標権とは、商品又はサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権で、保護の対象として文字や図形、記号等があります。
具体的な例としては、バッグに記されているブランドのロゴや、スポーツ用品に記されているスポーツメーカーの文字等が挙げられます。
商標権を持つ人や企業は、無断で商標権が使用されている場合には禁止や排除を求めることができます。

【商標法違反で逮捕された場合】
商標法違反で逮捕され、正式に起訴後有罪判決を受けると、「10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金、又は懲役と罰金の併科」が科せられることになります。(商標法第78条)
また、法人が商標法違反となると、最大で3億円の罰金が科せられることになります。(商標法第82条1項)
初犯で、被害額も大きくなく、商標権者との間で示談が成立し和解している場合であれば、不起訴処分となることもあります。
ただし、偽物を大量に販売し被害が大きい場合や、商標法違反の前科・前歴がある場合は懲役刑や高額な罰金が科せられる可能性もあります。

【商標法違反の弁護活動】
商標法違反で身柄が拘束されている場合には、弁護士が早期の身柄解放を目指した弁護活動を行います。
具体的には、検察官が勾留請求しないように検察官に働きかけ、勾留請求された場合には裁判官に勾留決定をしないよう要求する、勾留決定が下された場合には勾留決定を取り消すよう裁判所に申し立てを行います。
また、被害者と示談し和解することで最終的な刑事罰を軽減することも可能ですので、詳しくは商標法や刑事事件に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県東金市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が商標法違反で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
お問合せ先:0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー