【千葉県香取市の児童買春で会社員を逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県香取市の児童買春で会社員を逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県香取市在住の会社員Aさんは、未成年の女性Vさん(16歳)に金銭を支払い性交渉をしたとして、千葉県香取警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、SNSでVさんと知り合い、1回につき1万円を支払い複数回性交渉を行いました。
その後、Vさんが別件で警察に補導され、SNSでのやりとりからAさんが児童買春していたとして警察に逮捕されました。
Aさんは、会社に事件が発覚すると解雇になる恐れがあることから、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(実話を基にしたフィクションです)

【児童買春罪とは】
児童買春とは、18歳未満の者(児童)に,児童本人やその保護者などに金銭を支払うなどして,性交渉をしたり、自分の性器を触らせる等を行うことです。
正式に起訴され有罪判決を受けると、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられることになります。
初犯であれば、罰金刑で済むことが多いですが、児童の年齢が14歳未満であったり、前科・前歴がある場合は実際に懲役刑が科せられる可能性もあります。

【会社に発覚すると】
会社に刑事事件が発覚する場合には、警察が会社を訪れそのまま逮捕されて事件が発覚するケースや、逮捕され会社に連絡することができず無断欠勤が続き、調べた結果逮捕されていたことが発覚する等のケースがあります。
会社員の方が逮捕された場合、刑事上の処分とは別に所属する会社の社内規則に従って処分が下されることもあります。
刑事事件で前科が付くと即解雇される会社から、減給・減俸や部署移動等の社内制裁で終わる会社等様々ありますので、自分の勤務している会社の規則を確認する必要があります。
ただし、児童買春等の性犯罪の場合、最終的に不起訴処分や罰金刑となったとしても、一度社内で事件のことが知られてしまうと、会社に居づらくなることがあり、最終的に自主退職となる場合もあります。
また、逮捕され会社と連絡が取れず、長期間身柄が拘束され無断欠勤が続くと、社内規則に則り解雇されるケースもあり、事件が長期化すると不利益を受ける可能性が高くなります。

【児童買春の早期解決】
児童買春事件の早期解決には、刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。
捜査機関に発覚する前、事件化されていない場合であれば、被害者や被害者の親と示談することで事件化を防ぐこともできます。
また、逮捕された後では、釈放を求める活動や勾留延長を阻止する活動を行い、長期間の身柄拘束を防ぐこともできます。
事件毎に対応方法が変わってきますので、詳しく刑事事件に強い弁護士に相談されるのがよいでしょう。

千葉県香取市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が児童買春逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー