【千葉県長生郡白子町の口座売買事件】 弁護士に相談

【千葉県長生郡白子町の口座売買事件】 弁護士に相談

~事件~
千葉県長生郡白子町在住のAさんは、Aさんの銀行口座が闇金の口座として利用されているとして、千葉県茂原警察署から連絡がありました。
生活に困っていたAさんは、ある貸金業者に融資の申し込みを行い、融資の際に通帳とキャッシュカードが必要と言われ、それらを郵送しました。
その後、貸金業者と連絡が取れなくなり、警察から「あなたの口座が闇金の口座として利用されている」と言われ、警察署で事情聴取を受けました。
(実話を基にしたフィクションです)

【他人に口座を渡すと犯罪に】
近年、銀行口座の開設の際に使用目的を詳しく聞かれたり、顔写真付きの身分証明書の提示を求められるなど、預金口座が犯罪に使用されないように各金融機関が取り組みをしています。
当然、闇金の口座や振り込め詐欺の口座を開設することはできませんので、必然的に他人から口座を譲ってもらい、その口座を犯罪に利用するケースが多く報告されています。
口座売買に関しては、買い手と売り手双方処罰の対象となり、違法行為であると認識がなくても警察に事実が発覚した場合逮捕されることもあります。

【口座売買の量刑】
通常の商取引や金融取引など正当な理由がないのに有償(融資の約束だけでお金を受け取っていない場合も含まれます)で通帳やキャッシュカードを他人に渡す(譲渡)行為は、犯収法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)に違反する行為となります。
逮捕後に起訴され有罪判決を受けると、「1年以上の懲役若しくは100万円以下の罰金又は懲役と罰金を併科」が科せられることになります。
また、口座売買する目的で預金口座を開設した場合には、本来の目的を隠して口座を開設し騙し取ったとみなされ、金融機関に対する詐欺が成立する可能性が高くなります。
初犯で、組織的な犯罪に加担していない場合であれば、身柄を拘束されることはあまり考えられず、不起訴処分や罰金刑となることもあります。
ただ、犯収法違反に関しては事案の内容毎に捜査機関の対応が変わることが多く、逮捕される可能性も十分に考えられます。

【口座売買の弁護活動】
犯収法違反で逮捕された場合には
弁護士を通じて身体拘束する必要がないことを主張し身柄の解放を行うこと
②自身の行った行為について深く反省し、謝罪の意を弁護士を通じて関係各所に示すこと
が挙げられます。
また、在宅事件の場合にも同様の活動を行うことで、不利益を回避することができます。

千葉県長生郡白子町の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が口座売買で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー