【千葉県長柄郡白子町の架空請求事件で逮捕】 刑事罰軽減は弁護士に相談

【千葉県長柄郡白子町の架空請求事件で逮捕】 刑事罰軽減は弁護士に相談

~事件~
千葉県長柄郡白子町在住のAさんは、Vさんに対し架空請求を行い金銭を騙し取ったとして千葉県茂原警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、不特定多数の人に対し電子メールで架空のインターネットサイトの利用料を請求し金銭を騙し取っていました。
その後、Aさんは起訴されることになり、刑事罰軽減したいと考え弁護士に相談することにしました。
(実話を基にしたフィクションです)

架空請求事件】
架空請求とは、架空の費用を相手に請求し金銭を騙し取る行為です。
架空請求は、オレオレ詐欺等と同様に特殊詐欺の一部で、近年被害者・被害額が増加している犯罪行為です。
架空請求は詐欺罪に該当する犯罪行為で、起訴され有罪判決を受けると「10年以下の懲役」が科せられます。(刑法246条)
また、架空請求をする際に脅して金銭を騙し取る行為をすると恐喝罪(刑法249条)に、架空請求が発覚し実際に金銭を騙し取らなかった場合は詐欺未遂(刑法246、250条)となります。
詐欺や恐喝には罰金刑の規定がなく、初犯でも架空請求の被害者・被害額が多ければ懲役刑の実刑を科せられることもあります。

架空請求の刑事弁護活動】
架空請求(詐欺罪、恐喝罪、詐欺未遂)の刑事弁護活動としては、
①被害者と示談すること(謝罪と被害金額を弁償した上で許しを得ること)
②反省し再犯防止を誓っていることを示す(捜査機関に対して反省や再犯防止に向けて取り組んでいること,家族や周囲の助けがあること,を示すこと)
上記に2つが代表的な弁護活動となります。
ただし、被害者と示談し心から反省していても、被害者数・被害額によっては刑事罰軽減されないこともあります。
また、組織的に架空請求を行っていたり、反社会的勢力と結託して架空請求を行っていた場合、刑事罰が重くなる可能性もあります。
事件ごとに弁護活動が変わってきますので、詳しくは刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県長柄郡白子町の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が架空請求で逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県茂原警察署までの初回接見費用:39,700円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー