千葉県山武郡九十九里町のひったくり事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

千葉県山武郡九十九里町のひったくり事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

~事件~
千葉県山武郡九十九里町在住のAさんは、Vさんの鞄を奪い取ったとして、千葉県東金警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、Vさんの後方からバイクで近づき、Vさんの自転車カゴから鞄をひったくり、金銭等を奪い取りました。
今回の事件の他にも同様の犯行を繰り返しており、Aさんは今後の処分の見込みについて弁護士に相談しました。
(実話に基づいたフィクションです)

ひったくり事件】
ひったくりとは、鞄等の荷物を持った人に近づき、荷物を奪い取って逃走する行為です。
ひったくりの代表的なケースとしては、ハンドバックを持っている女性に後方からバイクで近づき、ハンドバックを奪い取って逃走するケースです。
ひったくり逮捕される場合としては、路上の防犯カメラに犯行の様子が録画されていて、後日逮捕されることが多いです。
ひったくりは、単純に他人の荷物を奪い取った場合は窃盗罪に該当し、「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられます。(刑法235条)
また、荷物を奪い取る際に相手を引きずるなどした場合、強盗罪に該当する可能性があり、起訴され有罪判決を受けると「5年以上の有期懲役」が科せられます。(刑法236条)
更に、相手に怪我を負わせた場合は強盗致傷罪に該当する可能性があり、「無期又は6年以上の懲役」が科せられます。(刑法240条)

ひったくりの刑事弁護活動】
ひったくり逮捕されると、長期間身体拘束を受ける可能性があります。
理由としては、ひったくり犯の場合、逮捕されたひったくり事件以外にも犯行を重ねている可能性が高く、さらに強盗などの重い罪にもなり得るため,捜査機関が長期間の取り調べをする必要性がでてくるためです。
また、以前に同様のひったくり逮捕され、窃盗罪で罰金刑や全部執行猶予判決を受けている等前科がある場合は、起訴され懲役刑になる可能性も高くなってきます。
被害者がいる刑事事件の場合、被害者と示談することが効果的と言われていますが、ひったくり事件の場合、余罪が多い場合被害者も被害額も多くなるため、単身で被害者全員と示談することは困難です。
そのままでは早期に釈放される可能性は限りなく低くなってしまいます。
したがって、早急に刑事事件に強い弁護士に相談し、今後の刑事弁護の方針について相談し取調べへの対応について打合せしたり,示談などの弁護活動をおこなってもらうことが得策と言えるでしょう。

千葉県山武郡九十九里町刑事事件でお困りの方、ご家族、ご友人がひったくり事件を起こし警察に逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー