【千葉県南房総市の酒気帯び運転で逮捕】 弁護士に相談

【千葉県南房総市の酒気帯び運転で逮捕】 弁護士に相談

~事件~
千葉県南房総市在住のAさんは、お酒を飲んだ状態で車を運転したとして、千葉県館山警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、仕事から帰宅途中に立ち寄った居酒屋で同僚とお酒を飲み、終電がなくなったため車で帰宅しようとしました。
Aさんが運転する車を不審に思った警察官が車の停止を求め、呼気検査をしたところ基準値を上回るアルコールが検出され逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【酒気帯び運転】
酒気帯び運転とは、アルコールを摂取しアルコールが体内に残っている状態で車を運転することです。
具体的には、呼気1リットルあたり0.15mg以上もしくは血液1ミリリットルあたり0.3mg以上のアルコールを含んだ状態で車を運転することです。
また、まっすぐ歩けない場合や会話ができない程飲酒するなどして,正常な運転が困難な状態で車を運転していた場合は、「酒酔い運転」となり、酒気帯び運転より重い刑事罰が科せられることになります。
最近では、有名芸能人が体内にアルコールが残っている状態で車を運転し、ひき逃げしたという報道がされました。

【酒気帯び運転の刑事罰】
飲酒した状態で車を運転し、呼気検査の結果酒気帯び運転と判断された場合、酒気帯び運転の刑事罰が科せられることになります。
正式に起訴され有罪判決を受けると、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられることになります。(道交法117条の2の2第3号、道交法施行令44条の3)
また、酒酔い運転の場合は「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられます。(道交法117条の2第1号)
酒気帯び運転や酒酔い運転の場合、刑事罰の他に行政処分も下され、運転免許の停止や取消といった重い行政処分も下されることになります。

【酒気帯び運転で逮捕される場合】
酒気帯び運転逮捕されるケースとしては、
①過去に酒気帯び運転や酒酔い運転の前科・前歴がある場合
②怪我人が出るなど人身事故に発展した場合
以上の場合逮捕される可能性が高くなります。
実際に逮捕されると、長期間身柄の拘束を受ける可能性もありますので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県南房総市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が酒気帯び運転逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー