【千葉県長生郡一宮町の紙幣偽造事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士

【千葉県長生郡一宮町の紙幣偽造事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士

~事件~
千葉県長生郡一宮町在住のAさんは、紙幣偽造し利用したとして、千葉県茂原警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、自宅にてスキャナーとプリンターを利用して1万円札10枚を偽造し、食料品を購入するためスーパーやコンビニ等の支払いに偽札を利用しました。
その後、偽札に気づいたコンビニの店員が警察に通報し、防犯カメラの映像からAさんが偽札を使用していたことが明らかになりました。
警察がAさんの自宅を訪れ、スキャナーやプリンター等の証拠品を押収し、その後Aさんは逮捕されました。
(実話を基にしたフィクションです)

紙幣偽造

紙幣偽造とは、行使する目的で流通する紙幣偽造する行為です。
一般的なイメージとしては、プリンターやスキャナーを利用して1万円札を偽造して、街中のコンビニ等の支払いに利用することです。
事件が発覚するケースとしては、偽造された紙幣で支払いを受ける際に、店の従業員が不審に思い警察に通報することや、後日紙幣偽造されたものと気づき防犯カメラの映像から偽造された紙幣の利用が明らかになることが多いです。
近年、スキャナーやプリンターの印刷技術が向上し、一般人でも他人の目を欺ける水準の偽造が可能となっていています。

紙幣偽造の刑事罰

紙幣偽造は、通貨偽造罪に該当する犯罪行為です。(刑法第148条1項)
逮捕後に起訴され有罪判決を受けると、「無期又は3年以上の懲役」が科せられることになります。
罰金刑の規定がなく、最高刑が無期懲役となっていることから、非常に重い犯罪行為とされています。
初犯で個人的に使用するだけに留まり、被害額が少ない場合であれば、執行猶予判決が言い渡される可能性はありますが、状況によっては長期の実刑判決が科せられます。
ただし、早期に弁護士が事件対応をして取調べ対策などをすることで、刑事処分が軽減される可能性はありますので弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県長生郡一宮町刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が紙幣偽造逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー