【千葉市美浜区の薬物事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士に相談

【千葉市美浜区の薬物事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士に相談

~事件~
Aさんは、千葉市美浜区で行われていた音楽イベントに参加した際に薬物を使用したとして、千葉県千葉西警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、音楽イベントに参加する前に薬物を購入し、イベント会場に入場する前に薬物を使用しました。
巡回していた警察官がAさんの行動を不審に思い、薬物検査を実施したところ、陽性反応が出たため今回の事件が発覚することになりました。

薬物事件の量刑

薬物事件では、覚せい剤や大麻、危険ドラッグ等薬物の種類によって処罰される法律が変わります。
また、所持・使用・譲渡等細かく刑事罰が定められており、特に営利目的で譲渡や輸出入をしてる場合はかなり重い刑事罰が科せられることになります。
薬物事件の場合、初犯でも長期間身柄が拘束された後、裁判で懲役判決が言い渡される可能性もあります。
例えば、覚せい剤の使用で逮捕された場合、正式に起訴され有罪判決を受けると、「10年以下の懲役」が科せられることになります。(覚せい剤取締法41条の3第1項1号・19条)

量刑の判断基準

薬物事件の場合、量刑を決める基準としては、
①初犯かどうか
②依存度(薬物の使用量、使用頻度等)
③再犯の可能性
上記の3つが代表的な基準になります。

①については、薬物事件の初犯であるかどうかは非常に重要な判断基準となり、初犯であれば全部執行猶予付き判決が言い渡されることも多いです。
②については、いつから,どの程度薬物を利用していたのか、常習性が大きな判断基準になります。薬物への接触の仕方についても問題になります。
③については、薬物事件は再犯の可能性が極めて高い犯罪で、裁判所が再犯の可能性が高いと判断した場合、長期間の懲役刑が科せられる可能性があります。薬物に関わる人間関係の清算や治療が重要となります。

薬物事件については、個別事案によって処分の見込みや弁護活動が変わってくる事件なので、一度薬物事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉市美浜区刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が薬物事件逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県千葉西警察署までの初回接見費用:36,300円
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー