【千葉市花見川区の車内に大麻所持で逮捕】 薬物事件に強い弁護士が対応

【千葉市花見川区の車内に大麻所持で逮捕】 薬物事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉市花見川区在住のAさんは、自身が所有する車の中に大麻を保管していたとして、千葉県千葉北警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、インターネットを通じて乾燥大麻を購入し、吸引パイプ等を用いて車内で使用していました。
深夜に路上駐車していたところ、警察官に職務質問され、その後車内を調べたところ乾燥大麻が見つかり、薬品検査で大麻の陽性反応がでたため、Aさんは現行犯逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【大麻について解説】
現在市場に違法に流通している大麻として、
①乾燥大麻(大麻草の花や葉を乾燥させた加工品)
大麻樹脂(花や葉から取れる樹液を固形化させた加工品)
③液体大麻(大麻成分を抽出した加工品)
上記の3つが挙げられます。
いずれも状態で所持していたとしても、大麻取締法違反となります。
覚せい剤等の薬物よりも危険性が低く海外では合法化されている国という情報がインターネット上に記載されていることもありますが、日本の法律では大麻所持は禁止されています。

【大麻所持の刑事罰】
大麻所持は、大麻取締法に違反する犯罪行為となります。
逮捕後に起訴され有罪判決を受けると、「5年以下の懲役」が科せられることになります。
また、他人に販売や転売していた場合は、営利目的とされることがあり、その場合「懲役7年以下又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金」が科せられることになります。

【大麻所持の弁護活動】
大麻所持逮捕された場合の弁護活動としては、大麻所持していたことを謝罪し再犯しないことを示すことが挙げられます。
深く反省し再犯に向かっていることが捜査機関に伝われば、刑事罰軽減の可能性が出てきます。
初犯の場合であれば執行猶予判決がでるケースもありますが、大麻所持していた量等を考慮して懲役実刑判決が下される可能性も否定できません。
事件毎に弁護活動が変わってきますので、詳しくは薬物事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉市花見川区の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が大麻所持逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881
千葉県千葉北警察署までの初回接見費用:37,600円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー