【千葉県茂原市の少年事件が学校に発覚】 少年事件に強い弁護士が対応

【千葉県茂原市の少年事件が学校に発覚】 少年事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県茂原市在住のAさんは、千葉県茂原警察署の警察官から「息子のB君を逮捕した」と連絡を受けました。
B君は、原動機付自転車を二人乗りし、集団で暴走行為をしていたため、巡回中の警察官に逮捕されました。
B君は学校を休むことになり、その後事件が学校に発覚し退学処分となり、AさんはB君の更生と適切な弁護を求めて弁護士に相談することにしました。
(実話を基にしたフィクションです)

少年事件が学校に発覚する場合

少年事件学校に発覚するケースとしては、警察や家庭裁判所から学校に連絡があり事件が発覚するケースが最も多いです。
警察と学校の間では、学校・警察相互連絡制度というものがあり、逮捕や補導された事実を学校に連絡し、今後の再非行の防止や学校での生活指導に役立てるという一連の流れがあります。
深夜徘徊で補導された場合や、比較的軽微な犯罪の場合は、警察の判断で学校に連絡しない場合もありますが、集団暴走や傷害等悪質な事件を起こし逮捕された場合は、学校に連絡される可能性が高いです。
最近では、高校生がお小遣い欲しさに、特殊詐欺の被害者から現金を受け取るバイト(通称受け子)で逮捕されてしまうなど、犯罪に巻き込まれるケースもあります。
逮捕されたからといって、すぐに退学処分となることはまれですが、校則の厳しい私立高校等では即退学処分となることもあります。

弁護士の学校対応

弁護士の学校対応としては、①逮捕されている場合、②在宅で捜査が進んでいる場合、の2種類があります。
少年が逮捕されている場合は、弁護士が少年の通う学校の校長先生や担任の先生と面談し、少年の更生のために退学処分にならないように働きかける活動があります。
一方で在宅で捜査が進んでいる場合は、弁護士が警察や家庭裁判所に対し、少年が起こした事件について学校に知らせないように働きかける活動があります。
事件が家庭裁判所に送られると、家庭裁判所の調査官から学校に少年の素行調査等が行われますが、学校に調査されると退学となる可能性が高い場合には、弁護士から調査を回避してほしいと働きかけることもできます。
いずれの場合も、早い段階で弁護士に対応してもらうことが重要になりますので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県茂原市少年事件でお困りの方、息子が少年事件を起こし学校に発覚したくないとお考えの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

初回相談料:無料
お問合せ先:フリーダイヤル 0120-631-881
千葉県茂原警察署までの初回接見費用:39,700円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー