【千葉県山武郡横芝光町の準強制わいせつ事件で逮捕】 弁護士に相談

【千葉県山武郡横芝光町の準強制わいせつ事件で逮捕】 弁護士に相談

~事件~
千葉県山武郡横芝光町在住のAさんは、Vさんに対し無理やりキス等のわいせつ行為を行ったとして、千葉県山武警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、仕事から帰宅途中の電車内で、寝ていたVさんに近づきキスや胸を触り、寝覚めたVさんが悲鳴をあげ、近くにいた他の乗客がAさんを取り押さえました。
その後、山武警察署の警察官が駆け付け、Aさんは逮捕されることになり、Aさんの妻が弁護士に今後の対応を相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

【強制わいせつと準強制わいせつの違い】
準強制わいせつと聞くと、強制わいせつよりも軽い犯罪と捉える人がいますが、犯行当時の被害者の状況や加害者がどのような方法でわいせつ行為を行ったかを分類しているだけで、両方同じ刑罰が規定されています。
具体的には
①強制わいせつ…暴行や脅迫を用いてわいせつな行為を行った場合(13歳未満の者に対しては暴行・脅迫は不要)
準強制わいせつ…意識がない状態や抵抗できない状態に乗じ、またはその状態にしてわいせつな行為を行った場合
で区別されることになります。
準強制わいせつで事件化している例としては、電車で寝ている女性にキスをしたり胸を触ったりした事件や、医師や柔道整復師が治療とは関係無く、胸や下半身を触って起こした事件等があります。

【準強制わいせつの刑事罰】
準強制わいせつ罪で逮捕され、起訴後有罪判決を受けると「6か月以上10年以下の懲役」が科せられることになります。
罰金刑が規定されていないので、起訴された場合執行猶予判決が出ない場合実際に刑務所に入所することになり、大きな不利益を受けることになります。
ただ、初犯や犯行が悪質と認められない場合、被害者と示談が成立していれば不起訴処分となる可能性が高く、余程のことがなければ懲役刑が科せられることはあまりありません。

【準強制わいせつの弁護活動】
準強制わいせつの弁護活動としては、被害者との示談が効果的と言われています。
弁護士を通じて、被害者と示談を締結し和解することができれば、刑事罰が軽減される可能性が高くなります。
早く事件を解決したいと考えている方は、事件が発生してからすぐに弁護士に相談することが得策と言えるでしょう。

千葉県山武郡横芝光町の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が準強制わいせつ逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー