【千葉県富里市の詐欺の受け子 大学生を逮捕】 少年院回避は弁護士に相談

【千葉県富里市の詐欺の受け子 大学生を逮捕】 少年院回避は弁護士に相談

~事件~
千葉県富里市在住のA君は、特殊詐欺受け子役でVさんから現金を受け取ったとして、千葉県成田警察署逮捕されました。
A君は、大学に進学してから知人とギャンブルにはまるようになり、月々のバイト代だけでは生活費やギャンブルの費用を賄えないようになりました。
そんな中、手っ取り早く稼げるバイトがあると友人B君からバイトを紹介してもらい、今回の受け子のバイトを引き受けました。
A君には、悪いことをしているという自覚はあったものの、目の前の現金欲しさにVさん宅まで現金を取りに行きました。
首尾よく荷物の受け取りを終わらせ立ち去ろうとしたところ、待ち構えていた警察官に逮捕されることになりました。

未成年の詐欺の受け子

特殊詐欺に加担した少年が逮捕されるケースが増加しています。
大学生や高校生はもちろんのこと、中学生も受け子として特殊詐欺に加担しているケースも見受けられます。
「お金が欲しかった」、「先輩に誘われ断り切れなかった」等様々な事情がありますが、いずれの場合にも犯行が発覚した場合には逮捕される可能性が極めて高いです。
成人の場合、詐欺受け子として逮捕され、起訴後に有罪判決を受けると「10年以下の懲役」が科せられます。(刑法246条1項)
実際に、実刑が科せられ刑務所に入所する例も珍しくなく、20歳未満の少年事件の場合には、少年院に入所する可能性も十分にあります。

少年院回避に向けた弁護活動

詐欺受け子逮捕され、事実を認めている少年の少年院送致を回避する弁護活動としては
①少年自身が反省し、その反省の意を弁護士から家庭裁判所に主張する
弁護士が関係各所に働きかけ、更生に向けた環境を構築する
③事件によっては被害者と示談交渉を行う
以上の弁護活動が代表的な弁護活動として挙げられます。
いずれの場合にも、事件の原因にまで立ち返った少年本人の反省と今後の在り方が非常に重要になります。
反省している様子や言動が見受けられれば、その点を弁護士から家庭裁判所の調査官や裁判官に強く主張し、少年院回避する可能性も出てきます。
ですので、未成年が詐欺受け子逮捕された場合には早期に弁護士に相談し、事件対応に当たってもらうことをお勧めします。

千葉県富里市の少年事件でお困りの方、大学生の子供が詐欺受け子逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
千葉県成田警察署までの初回接見費用:38,200円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー