【市原市の公然わいせつ事件】 刑事事件に強い弁護士に相談

~事件~
千葉県市原市在住のAさんは、千葉県内の会社に勤務する会社員です。
一人暮らしのAさんは、早朝にゴミを出す際に、着替えるのが面倒で服を着ない全裸の状態でゴミ出しをしていました。
外で全裸になることに解放感を覚えたAさんは、その後も全裸でゴミ出しをしているところ、近隣の住民に全裸を目撃されました。
近隣の住民から通報を受けた警察は、後日張り込みを行い、Aさんが全裸でゴミ出ししているところを現行犯で逮捕しました。
その後、Aさんが逮捕されたことを知ったAさんの両親は、弁護士に初回接見を依頼し不起訴処分獲得に向けて弁護を依頼しました。
(実話を基にしたフィクションです)

 

公然わいせつ罪


公然わいせつ罪とは、不特定多数の人の目に触れる場所で公然とわいせつな行為をする犯罪です。
刑法174条で罰則が定められており、正式に起訴され有罪判決を受けると、「6か月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」が科せられることになります。
具体的な公然わいせつ罪の行為としては、公共の場(駅や公共の公園)や人が往来する路上で、性器を露出したり他人が羞恥心を感じるような行為を行うことです。
最近公然わいせつ罪で逮捕された事例としては、元プロ野球選手の男性がスーパーの駐車場で、停車していた車内で下半身を露出していたところを警察官に逮捕された例があります。

 

公然わいせつ事件の弁護活動


まず、公然わいせつ罪は刑事事件の中では、比較的軽い犯罪として位置づけられています。
初犯の場合や反省している場合には、不起訴処分や罰金で済むケースが多いと言われていますが、前科・前歴がある場合には懲役刑が言い渡されることもあります。
一方で、そんなに露出していないとか気づかなかったなど被疑事実を否認している場合(公然わいせつに該当する行為をしていない、故意がないと主張する等)には、身柄の拘束が長期化し、最終的に公判(裁判)まで進むケースもあります。
事例毎に弁護活動を紹介していくと
公然わいせつの犯行を認めている場合には、弁護士を通じて反省していることや再犯防止に努めていること(カウンセリングを受けている等)を捜査機関に示し、刑事罰軽減を図る。
・公然わいせつを否認している場合には、逮捕された直後から取り調べ対応(黙秘など)を弁護士に相談し、その後の事件対応を弁護士に依頼する。
上記の例が挙げられます。
実際に、今年公務員の男性が公然わいせつで起訴された事件の控訴審で、無罪判決(第一審判決破棄)が言い渡された例もあるように、容疑を否認している場合には弁護士に事件対応を依頼することが得策と言えるでしょう。
いずれの場合にも、一度弁護士に相談した上でその後の対応を検討することをお勧めします。

千葉県市原市の公然わいせつ事件で弁護士をお探しの方、ご家族が公然わいせつ事件で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県市原警察署までの初回接見費用:37,300円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー