【千葉県流山市のひったくり事件で逮捕】 窃盗事件に強い弁護士が対応

【千葉県流山市のひったくり事件で逮捕】 窃盗事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県流山市在住のAさんは、女性Vさんからバッグをひったくりしたとして、千葉県流山警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、流山市内でスクーターを利用しひったくりを繰り返していましたが、Vさんからバッグを奪った際に付近の防犯カメラに犯行の様子が録画されていました。
その後、Aさんは逮捕され、流山市内で多数のひったくり被害が出ていることから余罪についても取り調べされることになり、今後の対応を弁護士に相談しました。
(ニュース記事を基にしたフィクションです)

【ひったくりで逮捕】
ひったくりとは、荷物を持った人の背後から近寄り、荷物を奪って逃走する行為です。
具体的には、バイクや自転車で背後に迫り、比較的力の弱そうな人(女性や高齢者)のバックを奪い取る等の行為がひったくりに該当します。
ひったくり逮捕されるケースとしては、事件現場の防犯カメラに犯行の様子が録画され、後日警察官が自宅や職場を訪れ逮捕するというケースが多いです。
バイクなどの乗り物を用いることが多い性質上,ひったくりの被害者や付近の人にその場で取り押さえられることはあまりなく、現行犯で逮捕されるケースはあまりありません。

【ひったくりの刑事罰】
ひったくり逮捕された場合窃盗罪に問われることになり、起訴後に有罪判決を受けると「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられることになります。(刑法第235条)
また、ひったくり行為自体が相手の抵抗が困難になったり相手を怪我させかねないような態様だった場合や相手に怪我を負わせた場合は、窃盗罪ではなく強盗罪や強盗致傷罪に問われる可能性があり、窃盗罪より重い刑事罰が科せられます。
ひったくり逮捕された場合、余罪があるケースが多く、付近でひったくりの被害が出ている場合は警察等の捜査機関から取り調べを受けることになり、余罪が発覚した場合は刑事罰が重くなる可能性があります。
また、余罪がある場合は長期間取り調べが必要となるため、逮捕から長期間身体拘束を受ける可能性が非常に高いのも特徴です。

【ひったくりの弁護活動】
ひったくり逮捕された場合の弁護活動としては、被害者との示談交渉が効果的です。
ただ、示談交渉が遅れると早期の身柄解放が叶わない場合もあるので、逮捕直後からの弁護士の活動が非常に重要になります。

千葉県流山市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人がひったくり逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー