【千葉県袖ケ浦市の会社員の痴漢事件】 示談交渉に強い弁護士が対応

【千葉県袖ケ浦市の会社員の痴漢事件】 示談交渉に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県袖ケ浦市在住のAさんは、電車内でVさんに対し痴漢行為をしたとして、千葉県木更津警察署の警察官から事情聴取を受けました。
Aさんは、通勤途中の電車内でVさんに近づき、満員になったところでVさんの下半身を触ったり、自身の下半身を押し当てる等の痴漢行為を行いました。
何度か痴漢行為を行っていたある日、同じ様にVさんに痴漢行為を行っていると、痴漢行為を目撃した人に発見され警察に通報されました。
その後、Aさんは警察から取り調べを受け釈放されましたが、今後の被害者との示談交渉を含め弁護士に対応を依頼しました。
(実話を基したフィクションです)

痴漢事件

千葉県内で痴漢行為を行うと、千葉県迷惑防止条例に違反する行為となります。
痴漢行為が発覚すると、まず警察から事情聴取を受けることになり、逮捕するかどうか判断されることになります。
最近では、事情聴取を行い釈放されるケースが増えてきていると言われていますが、容疑を否認している場合や住所や氏名が分からない場合には逮捕され身柄を拘束される可能性があります。
逮捕後に、正式に起訴され有罪判決を受けると「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられることになります。
また、常習的に痴漢行為をしていたと認められた場合には「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられることになります。

痴漢事件の示談交渉

痴漢事件の示談交渉は、弁護士を通じて行うことが一般的と言われています。
刑事事件の場合、原則として加害者と被害者が示談交渉を行うことができず、仮に当事者間で示談交渉ができたとしても交渉が難航することが多いです。
また、痴漢事件を含む性犯罪の場合、被害者との接触を禁止されることになり、警察等の捜査機関から被害者の連絡先を教えてもらうことができず、当事者間での示談交渉はできないケースが大半です。
弁護士であれば、加害者の代理人となることで捜査機関から被害者の連絡先を聞くことも可能になり、示談交渉を進めることができます。
示談交渉が成立し和解すれば、痴漢事件の場合不起訴処分となるケースが多く、前科を回避することができます、
ですので、痴漢事件で示談交渉を検討されている方は弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県袖ケ浦市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が痴漢事件を起こし示談交渉を検討されている方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー