【千葉県山武市の小学生への強制わいせつ事件】 少年事件に強い弁護士

【千葉県山武市の小学生への強制わいせつ事件】 少年事件に強い弁護士

~事件~
千葉県山武市在住の大学生A君は、小学校1年生のVさんに対しお尻を触る等わいせつな行為をしたとして、千葉県山武警察署に逮捕されました。
A君は、以前から小学生等の幼い女の子に性的な関心があり、小学生の女の子を見かけると声を掛ける等行い、一度警察から注意を受けていました。
ある日、大学の帰りに好みのVさんを見つけ、性的衝動を抑えきれずVさんに近づき声をかけお尻や上半身を触りました。
事件の様子を見かけた人が警察に通報し、警察が駆け付け目撃者とA君から話を聞き、A君は逮捕されることになりました。
A君の両親は今後のことが心配になり、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(実話を基にしたフィクションです)

小学生への強制わいせつ

強制わいせつとは、暴力や脅迫を用いて相手に対してわいせつな行為をした場合に成立する犯罪です。
また、被害者が13歳以下の場合には、暴力や脅迫を用いずにわいせつ行為を行ったとしても、強制わいせつが成立することになります。
成人の場合、逮捕後に正式に起訴され有罪判決を受けると「6か月以上10年以下の懲役」が科せられることになります。(刑法第176条)
特に、小学生に対する強制わいせつ事件の場合には、捜査機関が事件を重く見る場合があり、報道や重い刑事処分が科せられる可能性もあります。
小学生や幼児に対して性的な関心や性的嗜好をペドフィリアと呼び、一部では医学的な疾患と言われています。
実際に小学生に対してわいせつな行為をすると、強制わいせつ罪に該当するため十分に注意する必要があります。

少年事件の流れ

少年事件の場合、警察から事件が検察に送られ、その後家庭裁判所が最終的な処分を下すことになります。
家庭裁判所に事件が送られると、調査官が事件に至った経緯やこれまでの経歴について少年本人や両親等監督者などから調査することになります。
調査内容を考慮し、家庭裁判所の裁判官が最終的な処分を下すことになります。
この間、弁護士が少年の付添人として事件に関わることで、家庭裁判所に対し少年の更生の可能性を訴え、最終的な処分の軽減をすることも可能になります。
また、強制わいせつ事件の場合には、被害者との示談交渉も必要になる場面があり、弁護士に示談交渉の対応を依頼することもできます。
具体的な弁護活動は事件によって異なりますので、詳しくは少年事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県山武市少年事件でお困りの方、子供が強制わいせつ事件を起こした方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー