【千葉県山武市の児童買春事件】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県山武市の児童買春事件】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県山武市在住のAさんは、インターネット上で知り合った当時16歳のVさん(女性)に金銭を支払い性交渉を行いました。
半年後、突然警察がAさんの自宅を訪れ家宅捜索を行い、その後児童買春罪で千葉県山武警察署の警察官に逮捕されました。
Vさんが同警察署に補導され、警察が過去の売春相手を捜査したことで今回の事件が発覚しました。

児童買春罪】
児童買春とは、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」で規定されている犯罪行為です。
この法律上の児童とは、18歳未満の人を指しており、その児童に対し金銭等を支払い、対価として性交等をすると犯罪が成立します。
起訴され有罪判決を受けると、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられることになります。

児童買春の刑事弁護活動】
児童買春の刑事弁護活動としては、下記の3つが代表的な弁護活動となっています。
①被害者と示談交渉
②反省し社会復帰に向けた本人の活動や周囲のサポートについての証拠を提出すること
③18歳未満であったことを知らなかったと主張する

①については、直接被害者と示談交渉をすると、双方感情的になり交渉がまとまらないケースが多いです。特に児童が被害者の場合,児童の親がでてくることになり,被害感情が激しく交渉はさらに難航することが予測されます。
弁護士が示談交渉すると、スムーズに示談交渉が進むことが多く、示談が成立すると刑事罰軽減の要素の1つとなります。

②については、カウンセリングを受けるなど、自身の問題と向き合い今後犯罪を犯さないように治療などに勤めている姿勢を捜査機関に見せることです。

③については、当時18歳未満と認識できない外見や言動をしていたと無罪を主張することです。インターネット上の記載や会ったときの自己紹介,服装などの容貌が重要になります。
18歳以上であると判断した明確な理由があれば、不起訴となる可能性もあります。

事件によって刑事弁護活動が変わってきますので、児童買春罪で逮捕されるか不安な方、ご家族が児童買春で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県山武警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー