【千葉県夷隅郡大多喜町の器物損壊事件で逮捕】 示談交渉は弁護士に相談

【千葉県夷隅郡大多喜町の器物損壊事件で逮捕】 示談交渉は弁護士に相談

~事件~
千葉県夷隅郡大多喜町在住のAさんは、故意に他人の車のタイヤをパンクさせたとして、千葉県勝浦警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、仕事のストレス解消のために、商業施設内に駐車してあった車のタイヤをパンクさせていたところ、車の所有者に発見されました。
Aさんは家族に心配を掛けたくないと考え、早急に被害者と示談するため弁護士に相談することにしました。
(実話を基にしたフィクションです)

器物損壊とは】
器物損壊とは、物の本来の効用を失わせる行為です。
一般的には、物を叩く・割る等して壊してしまい、本来の用途で使用できなくすることですが、壁に落書きをする行為等も器物損壊に含まれる行為となります。
具体的な例としては、車のミラーを叩いて壊す、他人の携帯電話を地面に叩きつけ画面を割る等の行為です。
酒に酔った状態でタクシーを利用し、運転手の言動に腹を立てて車を蹴ったり、壁にスプレーで落書きして壁を汚す等の行為はニュースや新聞報道でも目にする機会が多いと思います。

器物損壊の刑事弁護活動】
器物損壊逮捕され、起訴されると「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料」が科せられることになります。(刑法第261条)
器物損壊の刑事弁護活動としては、被害者と示談することが最も効果的と言われています。
器物損壊罪は、親告罪という罪で、被害者からの告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪行為です。
ですので、器物損壊について反省し、被害者と示談が成立している場合は早期釈放や、不起訴処分となるケースが多いので、器物損壊逮捕された場合は弁護士に相談し、早急に示談交渉を進めることが得策と言えるでしょう。

千葉県夷隅郡大多喜町の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が千葉県夷隅郡大多喜町内で逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県勝浦警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい
フリーダイヤル 0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー