千葉県市原市の恐喝未遂事件で逮捕 刑事事件でお困りなら弁護士に相談

千葉県市原市の恐喝未遂事件で逮捕 刑事事件でお困りなら弁護士に相談

千葉県市原市在住のAさんは,知人であるVさんお金を貸しています。
返済期日を過ぎても借金を返してくれないことにしびれを切らしたAさんは,Vさんに対して,「金を返さないと家族がどうなっても知らないぞ」「職場まで行って取り立てやる」といった脅迫を,電話やメールで繰り返しました。
恐怖を抱いたVさんが千葉県市原警察署に相談して事件が発覚し,Aさんは恐喝未遂罪逮捕されてしまいました。
(実話を基にしたフィクションです)

恐喝罪とは】

恐喝」というとみなさんは何を思い浮かべますか。
学生が,下級生等を脅してお金を巻き上げる,通称「カツアゲ」ではないでしょうか。
学生のカツアゲも,恐喝罪に当たる可能性が高く,被害者が警察に被害を届け出れば逮捕される可能性があるので注意しなければなりません。
恐喝罪が成立する要件は
1,被害者を暴行,脅迫して金銭等財物を要求する(恐喝行為)
2,恐喝行為によって被害者が恐怖を感じる(畏怖する)こと
3,被害者が恐怖(畏怖)に基づいて金銭等財産を交付する
で,それぞれに因果関係が必要です。
今回の事件では,恐怖したVさんが3の行為に及ぶ前に警察に届け出ているので恐喝未遂罪となります。

恐喝未遂罪の罰則規定】

恐喝罪は刑法第249条に定められた法律で,ここの第1項に「人を恐喝して財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する」と規定されています。
Aさんの行為は恐喝未遂罪となりますが,恐喝罪は未遂であっても処罰の対象になるので,起訴されて有罪判決を受けると,10年以下の懲役が科せられます。

今回の事件でAさんは,恐喝行為を認めているものの,その理由について「借金の返済を迫った」と正当性を主張しています。
この主張が認められるか否かは,実質的判断によりますので,恐喝未遂罪で逮捕されたご家族,ご友人が無罪を主張している方は,刑事事件に精通する弁護士に相談することをお勧めします。

ご親族が刑事事件を起こし千葉県市原警察署逮捕された方,ご友人が恐喝罪で逮捕された方は,刑事事件に精通する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回法律相談:無料
千葉県市原警察署までの初回接見費用:37,300円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー