【千葉県我孫子市の動物虐待事件で逮捕】 事件対応は弁護士に相談

【千葉県我孫子市の動物虐待事件で逮捕】 事件対応は弁護士に相談

~事件~
千葉県我孫子市在住のAさんは、近隣に生息している野生の猫を虐待したとして、千葉県我孫子警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、野生の猫を捕獲しゲージに閉じ込め、熱湯をかける等の虐待行為を行い、その様子をインターネット上に投稿しました。
投稿された動画を見た人や動物愛護団体から通報を受けた警察は、動画の様子からAさんを特定し、その後Aさんは逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

動物虐待

動物虐待とは、動物の心身に肉体的な苦痛や精神的な苦痛等を与えることです。
動物虐待には2種類あると言われ
①意図的虐待(殴る・蹴る等の暴力行為や精神的苦痛を与える行為)
②ネグレクト(世話をしない、病気を放置する、衛生管理をしない)
上記の2つのいずれかに該当する行為を行うと、動物虐待と認められる可能性があります。
事件が発覚する要因としては、虐待の動画を投稿することや、近隣の住民から警察に異臭がする等の相談で事件が発覚することが多いと言われています。
その後、警察が実際に捜査を行い、虐待が認められると逮捕や在宅捜査がされることになります。

動物虐待で逮捕されると

動物虐待は、動物の愛護及び管理に関する法律(通称:動物愛護法)に違反する行為となります。
逮捕後に起訴され有罪判決を受けると、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」が科せられることになります。
初犯でも、複数の動物を殺傷している場合や犯行が悪質な場合には、執行猶予判決や懲役刑が科せられることもあります。
実際に、初犯でも猫13匹を虐待し死亡させた元税理士の男性に対し、懲役1年4カ月執行猶予4年の判決が下されたこともあります。
ですので、動物虐待逮捕や在宅で捜査されている場合には、弁護士に今後の対応を相談することをお勧めします。

千葉県我孫子市の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が動物虐待逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県我孫子警察署までの初回接見費用:詳しくは弊所までお問合せ下さい

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー