【千葉県浦安市の器物損壊事件で逮捕】 早期釈放は弁護士に相談

【千葉県浦安市の器物損壊事件で逮捕】 早期釈放は弁護士に相談

~事件~
千葉県浦安市在住のAさんは、タクシー運転手のVさんの所有する車の一部を壊したとして、千葉県浦安警察署の警察官に逮捕されました。
当時Aさんは、アルコールを摂取し酩酊状態でVさんのタクシーに乗車し、乗車料金支払いの際に金額が高額であることに腹を立て、ミラーや車体を蹴り車を壊しました。
Aさんの両親は、Aさんが学生で試験が迫っていることもあり、弁護士に早期釈放できるか相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

逮捕後の身体拘束】
警察に逮捕されると、警察官による取り調べを受けた後、48時間以内に検察に身柄が送られ、24時間以内に起訴するかどうかが判断されます。
また、検察がさらに取り調べが必要であり身柄を拘束したいと考えたときは、勾留請求することができ、勾留請求を受けた裁判官が勾留を決定した場合、逮捕から含め最大で23日間身柄が拘束される可能性があります。
当然この間は職場や学校に行くなど日常生活を過ごすことはできませんので、各関係者に多大な迷惑がかかることになります。
長期間の拘束は、一般市民にとっては不利益が大きく、少しでも早く元の生活に戻りたいと考える方がほとんどです。

釈放とは】
釈放とは、捜査当局から身体拘束が解かれることを意味します。
釈放されるケースとしては、
①軽微な犯罪であること
②罪証隠滅(証拠を隠したりすること)や逃亡の恐れがなく、勾留しないで捜査を進めることができる
③住居がはっきりしていること
以上のケースに該当すると釈放されることがあります。

また、勾留決定された後でも、弁護士から勾留に対して不服の申し立てや取消請求をすることで釈放される場合もあります。
家族やご友人が逮捕され、逮捕された本人の事情を考慮し早期に釈放したいと考えている方は刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県浦安市の刑事事件でお困りの方、ご家族が千葉県浦安警察署逮捕され早期に釈放したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
刑事事件の対応実績が豊富な弁護士が早期釈放に向けて迅速に対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

初回相談料:無料
千葉県浦安警察署までの初回接見費用:38,100円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー