【千葉県山武郡芝山町の刑事事件を否認】 取り調べ対応を弁護士に相談

【千葉県山武郡芝山町の刑事事件を否認】 取り調べ対応を弁護士に相談

~事件~
千葉県山武郡芝山町在住のAさんは、Vさんに対して痴漢行為をしたとして、千葉県山武警察署の警察官から取り調べを受けました。
Aさんは、勤務先から電車で帰宅途中に、横に立っていたVさんに腕を捕まれ、「この人痴漢です」と叫ばれました。
周りにいた人にAさんは取り押さえられ、駆け付けた警察に引き渡された後に事情聴取を受けました。
事情聴取後に釈放されたAさんは、弁護士否認対応について相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

刑事事件で否認

刑事事件において、疑われた犯罪を起こしたことを否定して無罪や無実を主張することを否認否認事件)と言います。
否認事件は、テレビドラマや映画で取り上げられることがあり、その中でも痴漢の否認を扱った作品は、身近に起こりうるもので注目を集めることがあります。
上記Aさんのように、千葉県内でやっていない痴漢行為で取り調べを受け、起訴され有罪判決を受けると「6か月以上の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられることになります。(千葉県迷惑防止条例)

否認事件の弁護活動

否認事件の弁護活動としては
弁護士取り調べの対応方法や被疑者の権利(黙秘権等)を確認する,目撃者の証言などの証拠の確保
否認事件では特に取り調べが厳しくなり,被疑者の各種権利がより重要となります。
捜査機関により不利益に扱われるのを防ぐため,完全に黙秘することも必要となります。
また,被疑者に有利な証拠は変容したりしないうちに早めに確保しておく必要があります。
②裁判となった場合、無実の証拠を揃え法廷で主張したり,検察官の有罪の立証に疑いを抱かせたりする。
有罪の立証責任は検察官にあり,弁護士としては,検察官の立証に対し合理的な疑いを生じさせることが重要となります。
以上が代表的な弁護活動になります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件経験豊富な弁護士否認事件に対応しております。
実際に、否認事件で無罪や不起訴処分を獲得した例もあり、否認事件の対応を的確にアドバイスすることが可能です。
ですので、ご自身やご家族の方が無実の罪で逮捕や起訴された場合には、弊所までご相談ください。

千葉県山武郡芝山町刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人の否認事件の対応を希望される方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご確認ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー