【千葉県成田市の少年がひき逃げで逮捕】 少年事件に強い弁護士が対応

【千葉県成田市の少年がひき逃げで逮捕】 少年事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県成田市在住のA君は、バイクを運転していた際に歩行者のVさんと衝突しそのまま逃げたとして、千葉県成田警察署の警察官に逮捕されました。
A君は、見通しの悪い道路をバイクで通行中、交差点から飛び出してきたVさんと衝突しました。
気が動転したA君はそのまま立ち去りましたが、Vさんがバイクのナンバーを覚えていたことで逮捕されることになりました。
(実話を基にしたフィクションです)

【ひき逃げとは】
ひき逃げとは、自動車等の車両を運転している際に人をひき、そのまま立ち去ることを言います。
法律上では「ひき逃げ」という文言は存在せず、道路交通法で運転手が負傷者を助ける義務があり(道路交通法第72条1項前段)、その義務を果たさないで逃走することを一般的に「ひき逃げ」と言います。
また,人をひいて怪我を負わせた場合には、過失運転致傷罪にとわれることになり、成人の場合起訴され有罪判決を受けると「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」が科せられます(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律5条)。
また、刑事処分とは別に行政上の処分も下されることになり、運転免許の停止や取消等の処分も考えられます。
行政上の処分については、成人と未成年問わず処分が下されます。

【ひき逃げの量刑】
少年事件の場合、成人であればどのような判断を下すかをも考慮して最終的な処分を判断します。
ひき逃げで過失運転致死傷罪に問われた場合
①注意を払っていたか
②被害者の怪我の程度
③被害者の人数
④逃走した経緯、逃走後の状況
等を勘案し量刑が決められることになります。家庭裁判所もこうした事情の他,これまでのバイクの乗り方などを考慮して判断を下すことになります。

【ひき逃げの弁護活動】
少年ひき逃げを起こした場合の弁護活動としては
①被害者との示談
②反省していることやバイクの処分など再発防止策をを弁護士を通じて家庭裁判所や関係各所に伝えてもらう
逮捕・勾留や観護措置(身体拘束)が取られている場合には身柄解放活動を行う
以上の活動が挙げられます。
詳しい弁護活動は、弁護を依頼するタイミングや事件の内容で変わりますので、詳しくは少年事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県成田市少年事件でお困りの方、子供がひき逃げを起こし逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県成田警察署までの初回接見費用:38,200円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー