【千葉県印西市のストーカー事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

【千葉県印西市のストーカー事件で逮捕】 刑事事件に強い弁護士が対応

~事件~
千葉県印西市在住のAさんは、Vさんに対しストーカー行為をしたとして、千葉県印西警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、職場の元同僚の女性Vさんに好意を抱き、食事やデートの誘いを電話やメールで頻繁に行っていました。
Vさんが止めるように促し、またVさんが警察に被害届を提出し、警察から警告や禁止命令が出ていましたが、その後もストーカー行為を続けたため逮捕されることになりました。

【ストーカー規制法とは】
ストーカーとは、恋愛感情等から特定の人物に執拗に付きまとい等を反復して行う迷惑行為です。
それらの迷惑行為を取り締まるために制定されたのがストーカー規制法(ストーカー行為等の規制等に関する法律)です。
つきまとい等を反復するおそれがある者には警告や禁止命令等が出されます(ストーカー規制法4条,5条)
ストーカー規制法違反で逮捕され、起訴後に有罪判決を受けると「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」(ストーカー規制法18条)に,禁止命令等に違反してストーカー行為をしていた場合「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」が科せられます。(ストーカー規制法第19条1項)

【ストーカーで逮捕される流れ】
ストーカー行為で逮捕されるケースは様々ですが、逮捕される流れとしては
ストーカーの被害者から警察に対して被害の申告(被害届の提出)
②警察からストーカー行為を行っている人に対して警告を行う
③その後もストーカー行為が続くようであれば、警察から禁止命令が出される
④禁止命令後もストーカー行為が続く場合は逮捕する
という流れになることが多いです。
また、通常禁止命令が出される前にストーカー行為を行っている人から事情を聞いたりしますが、緊急性や悪質な行為と認められればすぐ逮捕されることもあります。

【ストーカーの刑事弁護活動】
ストーカーの刑事弁護活動としては、被害者との示談が最も効果的と言われています。
ストーカー事件の場合、当事者同士の示談は事実上不可能と言われています。
弁護士を通じて、素直に非を認め反省していることや被害の弁償を行うことで刑事罰が軽減される可能性があります。
事件毎に対応方法が異なりますので、詳しくは刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県印西市刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人がストーカー逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー