【千葉県安房郡鋸南町の強盗事件で逮捕】 弁護士が対応

【千葉県安房郡鋸南町の強盗事件で逮捕】 弁護士が対応

~事件~
千葉県安房郡鋸南町在住のAさんは、コンビニ強盗をしたとして千葉県館山警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは、深夜の人が少ない時間にコンビニに入店し、レジの店員に刃物を向けレジの現金を出すように要求しました。
現金を奪ったAさんは逃走を図りましたが、駆け付けた警察官に逮捕されてしまいました。
(実話を基にしたフィクションです)

【強盗とは】
強盗とは、脅迫や暴行を用いて、他人の財物を奪い取る行為です。
具体的には、上記Aさんのように他人に刃物を向け現金を奪い取る行為や、飲食店の店員を脅し飲食代金を支払わない行為等が挙げられます。
暴行や脅迫を用いて他人の財物を奪い取った場合は1項強盗と呼ばれ、財産上の不法の利益を得た場合は2項強盗(利益強盗)と呼ばれています。
また、強盗の際に人に怪我を負わせた場合や、相手が死亡した場合は無期懲役や死刑といった非常に重い刑事罰が科せられる可能性も出てきます。

【強盗の刑事罰】
強盗逮捕後に、起訴され有罪判決を受けると「5年以上の有期懲役」が科せられることになります。(刑法第236条1項又は2項)
初犯でも起訴された場合、執行猶予もつかず非常に重い刑事罰が科せられることになります。
強盗罪の刑事罰の判断基準としては、被害の大きさや犯行に及んだ経緯等を勘案し判断されることになります。

【強盗の刑事弁護活動】
強盗罪の刑事弁護では、被害者との示談をすることと反省していることを示すことが効果的と言われています。
被害者と示談が成立し和解することで、刑事罰が軽減される可能性があります。
また、強盗をしたことについて心から反省し、弁護士を通じて捜査機関に示し寛大な処分を求めることもできます。
今回のように刃物を使った事件では厳しいですが,暴行や脅迫が軽微な場合,窃盗と暴行・脅迫などになり(認定落ちといいます),罰金刑や執行猶予付きの懲役刑で済む場合もあります。
事件毎に対応が異なりますので、詳しくは弁護士に相談することをお勧めします。

千葉県安房郡鋸南町の刑事事件でお困りの方、ご家族やご友人が強盗逮捕された方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回相談料:無料
千葉県館山警察署までの初回接見費用:弊所までお問合せ下さい
お問合せ先:0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー