【千葉県印旛郡栄町の薬物事件で逮捕】 執行猶予獲得は弁護士に相談

【千葉県印旛郡栄町の薬物事件で逮捕】 執行猶予獲得は弁護士に相談

~事件~
千葉県印旛郡栄町在住のAさんは、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで千葉県成田警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんは起訴されてしまい、懲役判決を受けると家族に心配をかけてしまうと考え、執行猶予判決を獲得できるかを含め今後の対応を弁護士に相談しました。
(実話を基にしたフィクションです)

執行猶予とは】
全部執行猶予とは、刑事事件の被告人に対する判決で、執行猶予期間中判決の執行を猶予する制度です。一方,一部の期間だけ猶予することを一部執行猶予といいます。
執行猶予となると、刑務所に収容されず今まで通りの日常生活が送れることができます。
また、執行猶予期間中に刑事事件を起こさなければ、判決で言い渡された刑は執行されず、刑務所に収容されることはありません。
但し、執行猶予期間内に新たに犯罪行為を行い、起訴され全部執行猶予が付かずに有罪判決が確定すると執行猶予が取り消されます。
この場合猶予されていた刑と新たに犯した罪の刑を両方執行され刑務所に服役することになります。

【全部執行猶予になるための条件】
全部執行猶予となるためには2つの場合があります。
一つは,
①懲役3年以下又は50万円以下の罰金
②過去に禁錮以上の実刑を受けていないこと、または禁錮以上の刑の執行を終え又は執行の免除を得た日から5年以上経過していること
もう一つは,
①前に禁錮以上の刑に処せられたがその刑の全部の執行を猶予されたこと
②1年以下の懲役または禁錮で情状に特に配慮すべきものがあること
上記の2つのいずれかの条件に該当した人は全部執行猶予を獲得できる条件をクリアしたことになります。
ただし、条件に該当すれば誰でも執行猶予となるわけではなく、個別に事情を勘案して裁判官が執行猶予判決を下します。
執行猶予を獲得できれば、社会復帰にむけて活動することもでき、家族に心配をかけることもありません。

執行猶予になるための刑事弁護活動】
執行猶予判決を獲得できるかどうかは、被害弁所や再犯防止の取り組みが重要となります。特に刑事事件においては、実際に執行猶予を獲得した実績や刑事弁護を数多く扱っている弁護士に相談することが望ましいでしょう。
執行猶予を獲得できるかどうかで、今まで通りの生活を送ることができるかが大きく変わってきますので、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

千葉県印旛郡栄町で刑事事件を起こされた方や、刑事事件を起こし執行猶予を獲得したいと考えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

初回相談料:無料
千葉県成田警察署までの初回接見費用:38,200円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー