強制わいせつ罪・準強制わいせつ罪

強制わいせつ罪は性犯罪の一種です。

新聞,テレビ等の報道では痴漢やセクハラで逮捕されたという事件を耳にすることも多いかもしれませんが,実はこれらの行為全てが強制わいせつ罪に当たるわけではないのです。

ここでは,強制わいせつ罪がどのような罪かを解説します。

 

強制わいせつ罪について

刑法176条は強制わいせつ罪について13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。と規定しています。

13歳という具体的な数字で被害者を区別していますが,13歳未満の男女にわいせつな行為をした場合,暴行・脅迫を用いなくても強制わいせつ罪が成立します。

暴行・脅迫を用いないとは,要するに被害者の同意があったということです。

しかし,被害者が13歳未満の場合,いまだ性に関して未熟であるため,そのような者による同意があっても犯罪は成立することになります。

 

準強制わいせつ罪

被害者が睡眠,酩酊等の状態でわいせつ行為をした場合は,準強制わいせつ罪に当たります(刑法178条1項)。

定められている刑罰の重さは強制わいせつ罪と同じです。

 

電車内で痴漢をした場合,強制わいせつ罪は成立するか

ところで,電車内で痴漢をした場合,強制わいせつ罪は成立するでしょうか。

答えは,成立する場合もあるという,少々引っかかったものになります。

その理由は,刑法だけでなく,都道府県ごとに定める迷惑行為防止条例も痴漢行為を規制しているためです。

一般に,下着の中に手を入れる痴漢行為は強制わいせつ罪に当たり,着衣の上から触れる行為は迷惑防止条例違反になると言われています。

条例違反の場合は,例えば千葉県では6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるため,強制わいせつ罪よりは刑が軽いといえます。

なお,強制わいせつ罪は非親告罪です。

つまり,強制わいせつ罪は,被害者の告訴の有無に関わらず,検察官に起訴されて裁判になる可能性があります。

それゆえ,被害者との示談に止まらず,加害者側に有利な事情を集める弁護活動が必要になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部では,刑事事件を専門に扱う弁護士事務所として,法改正後の状況を踏まえた適切な弁護活動を行います。

強制わいせつ罪での事件の見通しが気になっている方は,まずは一度ご相談ください。

keyboard_arrow_up

0120631881 問い合わせバナー LINE予約はこちら