千葉県一宮町の薬物事件 大麻取締法違反で逮捕

大麻を譲り受けたり、大麻を所持する犯罪(大麻取締法違反)について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部が解説致します。

千葉県一宮町の大麻取締法違反

フリーターAさん(20代・男性)は、九十九里海岸のサーフィン仲間であるXさんから「大麻を使用してみないか」と誘われ、興味本位で使用しました。
その後もAさんはXさんから大麻を購入し、大麻を使用し続けました。
あるときAさんは、千葉県一宮町の海岸近くで、巡回中の葉県茂原警察署の警察官に呼び止められました。
Aさんは職務質問や所持品検査を受けたことにより、所持していた大麻が見つかりました。
Aさんはその場で、大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

大麻取締法について

大麻取締法では、大麻の所持、譲渡、譲受、栽培や輸出入を禁止しています。

これらに違反した場合の罰則は、非営利目的の場合ですと、大麻の所持、譲渡、譲受をした場合は5年以下の懲役が科されます。
また、非営利目的大麻の栽培、輸出入をした場合は7年以下の懲役が科されます。

 

しかし、営利目的大麻取締法に違反した場合の罰則は、厳罰化されております。
営利目的での大麻の所持や譲渡、譲受は7年以下の懲役情状により200万円以下の罰金を併科されます。
また、営利目的での大麻の栽培や輸出入をした場合は10年以下の懲役、情状により300万円以下の罰金を併科されます。

大麻取締法違反の摘発者数の増加

警察庁の発表によると、令和2年中に大麻取締法違反で摘発された被疑者の人数は、過去最多の5034人だったようです。
摘発された人数は4年連続で最多を更新し続けており、5000人を超えたのはこの年が初めてだったようです。

特徴的だったのは、検挙された被疑者のうち、その半数以上は20代以下の若者だったことです。
令和2年に大麻取締法違反で検挙された20代以下の若者の数は、2540人(前年比590人増)だったようです。
そのうち、未成年者による大麻取締法違反検挙人数は887人であったことから、大麻事件の若年化は大きな社会問題になっているように考えられます。

 

家族が大麻取締法違反で逮捕されてしまったら

もし、大麻取締法違反の疑いで警察からの呼び出しを受けている方や、

ご家族が大麻取締法違反で逮捕されてしまった場合は、

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部無料法律相談または初回接見サービスをご利用下さい。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部は、大麻取締法違反をはじめとする様々な刑事弁護を専門とする事務所です。

ご相談は フリーダイヤル 0120-631-881 24時間・年中無休 で承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【千葉支部】〒260-0045 千葉市中央区弁天1丁目15-1 細川ビル2階
 最寄り駅 JR千葉駅、京成千葉駅 徒歩1分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー